案内

自販機を設置しよう~ビジネスチャレンジ~

いつでも利用が出来る

飲料

飲み物以外も販売されるようになり

自動販売機はこれまで、お馴染みの場所に設置されている印象がありました。それはプールや娯楽施設など、言わば喉が乾くであろう場所に目立って設置されているものでした。その前提に、そもそも自動販売機は、飲み物を販売しているものといった印象が強かったという事もあります。しかし時代はその自動販売機に色々なニーズが寄せられて、卵や野菜といった素材の販売や、菓子や即席麺といったすぐに食べられるものの販売の他に、日用品の販売など多彩なものが販売されるようになりました。地域に根差した特産品を販売している自動販売機もあり、駅構内に設置する事で珍しさから利用客が増えた所もあります。現在、自動販売機は色々な所に設置されています。飲み物以外の自動販売機も更に増えていて、24時間いつでも稼動している事から、利便性が高くいざという時に心強いなどの支持を得ています。

付加価値と高齢化社会と

自動販売機は今後、付加価値がポイントになりそうです。設置の場所によりその価値に変化を加えるなど、客層を読む事も欠かせません。例えば学校など若い世代に利用が多い場所には、甘いジュースやアイスクリームや菓子パンなどの自動販売機に人気があります。ここにこれからの時代は、若い世代への応援の気持ちを込めたお得なサービスを盛り込むなど、メッセージ性を含めたお得感といった付加価値が受けそうです。また、ますます進む社会の高齢化にも対応するべく、商品や値段をわかりやすく表示したり、お金を入れる位置や商品を受け取る位置に配慮するなど、ユニバーサルデザインを意識したもので付加価値を付ける事も受け入れられ易いでしょう。